Re:ゼロから始まるユニバ生活

東北大学ユニバーシティハウスにちょこっと長く住んだ人たちの、ユニバ生活入門

居住者も知らない!ユニバ1、2、3の違い【個室編】

ユニバの個室はおのおのクセがあるので注意が必要です。

 

【ユニバ1A】

f:id:mitsuru100:20170320190510j:plain

右上のクーラーはN棟仕様(霧ヶ峰)です。動くセンサーで人の動きや室温を追尾して二つのウイングで気流を調整する優れものです。が、気流調整と称して暖房中にいきなり冷風を浴びせてきたりするのでたまに殴りたくなります。N棟以外はDAIKIN製の極めてノーマルな物(共用リビングと同等品)ですが順次入れ替えられる見込みです。

DAIKIN時の方が電気代が安かったのは気のせいでしょうか

 

カーテンは遮光性が弱く、街灯前の個室の人は一晩中明るいという現象が起こります。アイマスクを買いましょう。

 

f:id:mitsuru100:20170320190651j:plain

f:id:mitsuru100:20170320190524j:plain

2016年度から各部屋にヘルメットが配備されました。非常時や訓練時は必ず着用しましょう。

f:id:mitsuru100:20170320190518j:plain

ユニバ布団です。すのこ下がカビやすいという評判がありますが、個室の状態によって異なります。日常的に床上げすれば特に問題ないはずですが。すのこ下にはほこりが貯まりやすいのでそちらの方が気になります。布団はやや硬いので硬い床で寝るのが苦手な人はマットレスのレンタルを申し込みましょう。

 

収納の裏技にすのこを上げて、スーツケースを入れるというものがあります。

f:id:mitsuru100:20170320190530j:plain

 

ベランダが付属しています。物干し竿は備品です。なお、女性は必ず3階以上なので安心です。

【ユニバ1B】

トイレ、シャワー、鏡付洗面台付属です。また付属品にドライヤーと洗濯カゴがあることを除けばAと同様の仕様です。

f:id:mitsuru100:20170320191918j:plain

おもしろいのはトイレに鍵がついていないことです。もちろん個室に複数名で泊まることはあり得ないので不要です。トイレはウォシュレット、あたたか便座仕様の一般的な物です。掃除は自分で行う必要がありますが、掃除用具はついているので問題ありません。

 

f:id:mitsuru100:20170320191947j:plain

 

Bタイプのシャワーは蓄熱式(夜間電力を用いる)ので、使いすぎると水しか出なくなりますが、一般的には一日に二度以上シャワーを浴びることも、また複数名がシャワーを浴びることもあり得ないので全く問題ありません。Aに比べればシャワー圧が弱いです。ちなみに人の部屋の蓄熱器の電源を勝手に落とす(部屋の外からできるのです)といういたずらがありますが、水しか出ないと辛いのでやってはいけません。

Bタイプはエアコンが効きにくい構造です。また、換気能力が異様に高く、ロスナイ換気(ユニバ全部屋にある換気扇)とトイレシャワー換気扇を併用すると部屋の湿度が信じられないほど低くなります。

【ユニバ2】

f:id:mitsuru100:20170320192849j:plain

f:id:mitsuru100:20170320192839j:plain

 

収納が大きいです。

f:id:mitsuru100:20170320193434j:plain

f:id:mitsuru100:20170320193440j:plain

鍵のかかる大きな机

f:id:mitsuru100:20170320193451j:plain

ベランダ付です。

【ユニバ3】

f:id:mitsuru100:20170320193610j:plain

コイルマットレス付です。写真にはありませんが、窓の外に物干し竿をかけられます。ベランダはありません。

 

f:id:mitsuru100:20170320193904j:plain

f:id:mitsuru100:20170320193929j:plain

ベランダはありません。が、部屋がとにかく広いので、室内干しキットを持ち込んで部屋干しできます。部屋が広いと言うことは自由度が高いと言うことです。

 

 

 あなたはどのユニバに入居しますか?

大学の公式サイトからは細かい違いが分かりません。そこで、空の個室を比較しました。

【ユニバ1】

(共通)

・床はカーペット

・洋服ダンス

・机、椅子、電気スタンド

・本棚

・基本的な食器セット

・洗濯物の干せるベランダ

・遮光性の低い(朝になると明るくなる)カーテン

(Bタイプのみ)

・ウォシュレット付トイレ

・電気式シャワー

・洗面所

 

【ユニバ2】

・床はフローリング

・洋服ダンス

・大きな本棚

・大きな机・電気スタンド

・やや大きめのクローゼット

・遮光性の高いカーテン

 

【ユニバ3】

・床はフローリング

・鏡付洋服ダンス

・机、椅子、電気スタンド

・分厚いマットレス

 

2,イメージ

 

【ユニバ1】

 最もベーシックなユニバ。入居者数NO1の最大のユニバ。食器や調理器具、布団が完備されているので、本当にトランク一つで住み始められる。住み始められるけど、既存の収納がやや不足気味なので、そのままでは住み続けられないという弱点がある。余った衣装ケースなどあれば事前に用意しておくのが吉。

 (Bユニット)N棟の一部にしかない希少な存在であるが、トイレと洗面所、シャワー室の排水溝は自分で清掃する必要がある。また、シャワーの温水器が蓄熱式なのでシャワーを使いすぎたりすると水しか出てこなくなるが、気をつけていればほぼ起こらない。シャワーの勢いがやや弱い。(Aユニットの共用のものは信じられないほど強い。)水も供給されているので言葉の通り部屋に引きこもれるという特質がある。広いので冬のエアコンが効きにくい。

 

【ユニバ2】

 院生向けに作られたやや不思議なユニバ。現在は院生以外でももちろん住める。布団を別途レンタルする必要があったり、食器や調理器具を自分で用意する必要があるなど、たしかに院生仕様ではある。少なくともトランク一つでは住み始められない。

 布団を持参せずに、かつレンタルの申し込みを忘れ、レンタルの布団が届くまでの一週間ほど布団なしで生活していたという強者がいるので留意したい。

 募集は少ないが新しくてきれいなユニバ。あとルールが多い。

【ユニバ3】

 元々東日本大震災の後の応急寄宿舎として立てられた施設。現在は名称が変わった。ユニバ1,2は何故か(無理矢理)すべての扉が内開き仕様になっているのだが、ユニバ3は普通の設計。部屋がとにかく広い。施設は他のユニバとは異なるが、自由度は比較的高い。