【非公式】この素晴らしいユニバに祝福を!〜東北大学ユニバーシティハウス三条の評判と実態、魅力〜

東北大学ユニバーシティハウスをまあまあ中立的にに入居者目線でご紹介!アクセス?評判?なにそれおいしいの?

【事案】ユニバで本当にあった怖い話(レベル3まで)

f:id:mitsuru100:20180207230718j:plain

今日も一日がんばるぞい!;「使った後は消せ!」というメッセージですらも角が立たないようにおのおの工夫するわけですよ。。。)

 

セキュリティも相対的に最高レベル、耐震性も満たし、入居者も知らない粋な計らいや仕掛けが施してあるユニバ、そんなユニバでも怖いことは起こるものです。

とっても、価値観はそれぞれ、性別もそれぞれだったりするので怖いの定義は意外と難しかったりします。んで、怖いの定義そのものを公開すること自体がわりと怖い世の中でもありますのであくまでも私(自称永遠の17歳、男性)が今までユニバに住んできて怖かったこと感じたことをちょろっと載せてみます。

なお、「怖い」レベルを1−5(思い出したら変える)段階評価することにします。。。

 

事案1.0「ブロンドヘア美少女の罠」

f:id:mitsuru100:20180207231137j:plain

 それは恐らく夏休みの最中の出来事でした。夜25時ごろ、突如ネット映画配信サービスのHuluで英国国営放送BBC大河ドラマ「シャーロック」がシーズン3まで配信されていることに気付いてしまった私は、寝るのも忘れて一晩中1〜3まで視聴してしまったのでした。

 当然シーズン3の最終話で(ネタバレのため自粛)が(自粛)したところで怒り(注:当時はシーズン4は有料でも配信されなかったから続きが気になった)のと眠気のあまり早朝に私は安らかに怒りとともに眠り始めました。

 気がつくとユニットを吹き抜ける風の音的に夕暮れ(UHカーテンは遮光性が強すぎて昼か夜か分からない)だったので、まあ顔でも洗って目を覚まそうとタオルを持って洗面所に向かうといたのです。ブロンドヘアの女性が。手を洗ってました。

 ああ、これはシャーロックの見過ぎであり夢なのだなと思い、「Are you (シャーロックの登場人物)?」と話しかけて見たところ、「Kidding me?」とウインクされました。

 まあでも、夢だろうなあ、と思い、そのまま洗面所で顔を洗うと水が冷たいのです。夢ではなかった…

とりあえず、寝ぼけてただけです。すいません、と謝りました。笑って許してくれましたけど…

なお、そのときの私の格好は(抗菌仕様なのでユニットスリッパ*1として愛用している)トイレ用スリッパ、半ケツの短パン、ランニングシャツによだれまみれの顔、寝癖頭と見事なドレスコードでした。

ただ、ユニバでは日常茶飯事の事なので恐怖レベルで言えば1、まあ夢だと気付いただけマシだった…

 

事案2.0「冷水シャワー」

f:id:mitsuru100:20180207231203j:plain

 一部のユニバのシャワー室は給湯器の電源を入れないと温水が出ません。そして、順序を逆にするとシャワー室から手洗い、トイレを経由しないとシャワーは水のまま。

 たまに給湯器の電源を入れ忘れてシャワーを浴びているけど温水が出ない現象が起こります。そんなときは仕方が無いのでバスタオルを巻いて電源を入れるスリリングな旅(数m)に出るわけです。なぜスリリングなのかは誰がいるかわからないから、だったりするわけですが。

 さて、そんなのはどうでも良くて、ある新学期直前(新しい留学生の入居時期)、シャワー音はしているのに給湯器がオフであったことがありました。

 誰だかは知らないけど冷たいシャワーの苦難を傍観する意味はないので私はスイッチを入れ、シャワー場に向かってスイッチを入れた旨を伝えました。

 結局そのときシャワー室にいたのはX君という某国出身の留学生だったのですが、「Mitsuru、さっき温水が出たぞ!10月になると温水のシャワーも使えるのか!」と驚いた様相で見当違いのことを言ってくるのです。

 彼が入居してから7日目程度たっていたのですが、彼は冷水シャワーがユニバの初期仕様だと考えていたらしく、まあそんなもんか、と思っていたそうです。その思考が怖い。ということで怖いレベル2。

 当然スイッチを押せば温水が出ると説明し、少し罪悪感を感じた私は数日間冷水シャワーを浴びることにしたのですが、確かに最初は辛いけど最初の2分を乗り越えれば温水と何も変わらないことに気付いたのでした。嘘だと思うなら試してみればいいと思います。(自己責任(*2)でお願いします。)

 

事案3.0「誤飲」

f:id:mitsuru100:20180207231225j:plain

朝食はシリアルと決めているのですが、寝ぼけていたもので、普段使っているのと同じ柄の牛乳を手にとってふりかけ、食べました。

口を付けた瞬間に異臭がしましたが、まあ寝ぼけているのだろう、ということで食べはじめたのですが、妙に酸っぱかったので変だなあ、味覚障害かなあ、風邪かなあ、と思いつつもコーヒーとともに途中まで食べていたのですが、時間が経つにつれ流石に変だと気づき、先ほど手にした牛乳を確認すると退去した留学生が忘れていった牛乳でした。怖いので消費期限は見れませんでした。(*3)

いろいろと怖いのでレベル3ということで。。。

 

*1ユニットスリッパ:ユニットは土足禁止で一応きれいな前提なのですがお手洗いとかいろいろとなんとなく気になるのでわりと多くのユニバ民はリビングではスリッパを履いています。トイレ仕様スリッパはともかく、実用性の高いスリッパを個室用ふわふわスリッパとは別に用意することをおすすめします。

 

*2心臓の弱い方は特に。なおユニバでは十分な数のAEDが設置されています。(例:ユニバⅡ、1台/約80人;各棟ごと+管理棟1台)いざというときに安心です。

 

*3なぜ他人の牛乳だと判別できたかというと、自分のものには部屋番号を書く習慣が徹底されたユニットだったからです。その日何が起きたのかは聞かないでください。